警備新報2017年8日5日・8月15日合併号 第190号

全国平均で25円引上げ

掲載記事例

厚生労働省の中央最低賃金審議会(仁田道夫会長=東京大学名誉教授)は7月27日、塩崎恭久大臣に、平成29年度最低賃金の答申を行った。引き上げ額は、目安に関する小委員会の審議結果を受け、平成29年度最低賃金目安額を全国平均で時給25円(前年24円)、率で3%以上。目安通りに改定された場合、全国平均で最低賃金の時給は848円となり、今後、10月をメドに地方最低賃金審議会の調査、決定、公示となり、10月中にはすべての地域で最低賃金が決定される見通し。

特集

夏季特別号

前へ 一覧へ戻る 次へ